勝利

【基礎3】オンラインカジノの適法性、違法性は?

適法性オランダのカジノ – 5054

ポルトガルでは、リスボンをベースにした慈善団体(Santa Casa)に、インターネットを含むスポーツ・ベッテイングの独占権が制度的に付与されている。ところが、ポルトガル・サッカー協会(Liga, Portuguese Football League)と国外のインターネット・ゲーム事業者であるBwin Intractive Entertainment AG Bwin が、後者がスポンサーになり、外国からインターネットを用いスポーツ・ベッテイングを提供したことが、当局により摘発され、罰金刑を受けた。これに対し、この刑罰は欧州法違反として年にBwinがポルトガル政府を提訴した事案になる。オンライン・ギャンブルの一定国における独占行為が、EU法上有効か否かをテストする最初の欧州裁判所の判決となったが、年、欧州裁判所は、不正防止や犯罪抑止を目的とする限り、一国による賭博行為への規制は、法的には正当とみなし、Bewinの提訴を却下した。判例は「ポルトガルの規制は、差別的ではなく、かつその目的を達成するに必要なこと以外の規制をしない限り、一定の政策目的を達成するためには正当化される」とした。これにより、 状況次第では 一国が賭博行為に独占権を付与することの正当性が再確認されたことになる。また、欧州裁判所は、「Bewinが例え他の加盟国で同じサービスを提供することが認められ、かつネットを通じて同サービスを他国に提供する場合、対象となる当該国に一定の管理と規制があったとしても、当該国としてはその運営事業者の質と清廉潔癖性を評価できず、国民がいかさま、犯罪から完璧に守られるという確信を与えるものではない」とした。よって、「欧州条約第49条の規定は、加盟国が他国で合法的に類似的なサービスを提供するBewinのような事業者がインターネットを通じ、かかるサービスを他の加盟国に提供することを禁止する規制を排除するものではない」ということになる。ネットを通じた他国からの賭博サービスの提供を加盟国が禁止することは適法としたわけで、ネット賭博を域内で認めるという動きには反する判例となった。

【Lightning Joker】最大10000倍の配当が突然当たるミステリーウィン機能搭載。ジョーカースロット登場。

オ ンラインカジノの適法性、違法性という事について疑問を抱く方が大変に多くいらっしゃいますよね。 日本国内で問題になっているオンラインカジノ関連の問題というのは、オンラインカジノの運営企業の合法性を問題としているのではなく、あくまで海外で合法的にオンラインカジノライセンスを受けて運営をしているオンラインカジノサイトに「 日本国内に在住の人間が登録をしてプレイをする事は合法であるかそうではないか」 という事を議論しているわけです。 こ の点に関しては、日本にはオンラインカジノをプレイをしてはいけないという法律はありません。 しかしながら、そのように犯罪と行ったわけではないのに嫌疑をかけられ逮捕をされた一人は、裁判を戦い抜き不起訴処分という結果になり、これは日本国内でオンラインカジノのプレイヤーに対して行われた唯一の事例となりました。つまり、オンラインカジノをプレイをしていたことは、それは 犯罪ではないしお咎めなしという結果になり、大変に重要な判例を形成をするに至り ました。

IR*ゲーミング学会

オンラインカジノの法律面での議論は、本当に沢山の場所・ニュースで扱われているので多くの知識を持っている方もいるとは思いますが、日本には「オンラインカジノに適用する確固たる法律」がありませんので、日々最新情報が変わっています。 これまでの情報や事件を含め、現在のオンラインカジノの立ち位置が理解できる様に解説します。 オンラインカジノは、主にはイギリスやマルタ共和国、フィリピンなど、政府機関から運営の認可を受けてサービスを提供しています。 認可を与えている以上、違法では無く合法と国が認めているのです。 これらの国の多くはランドカジノも合法の場合が多く、そのインターネット版であるオンラインカジノにも同様に合法となっています。 カジノのみでなく、オンラインギャンブル全般(ブックメーカー・オンラインポーカーなど)も同様です。 また、有名な事業者には、株式上場している企業もあり、社会的にも認められており、疑う余地はありません。 海外で合法のサービスを日本国内から利用する事に関しては、また意味合いが変わってきます。 日本人がラスベガスにいってカジノで遊んでも、合法国での遊戯なので、全く問題はありませんが、これが日本国内であれば、「闇カジノ(違法カジノ)で賭博行為をした」とみなされ、賭博罪に問われる事になります。 これはここ数年、芸能人やスポーツ選手で話題になったので、かなり解りやすいかと思います。 ですが、インターネットを介して合法国のサービスを日本国内から利用する場合は、確実な論理はありません。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。