勝利

デルタ・コープがインドの新しいカジノクルーズ船ベンチャーに25%の株式を取得

ソーシャルゲーム船上カジノ – 13501

客室やジャグジー、カジノにレストランなどの施設を建ててお客さんがやってくる土台を作りましょう。施設同士の相性や使用アイテム、立地で施設の満足度や魅力、料金が変わったりします。  半年おきにやってくる各国のクルーズ審査員さんには、食事や施設を厳しい目でチェックされます。  各国に出資をして、国民の所得を増やしたり、集客力を高めたり。国王を招待して満足させて夢の五つ星クルーズ船をめざしましょう。

ミシシッピ川に浮かぶカジノ客船はどこに

ミシシッピ川流域にもカジノはある。陸地にあるカジノと川にあるカジノの2種類だ。 陸地のカジノというのはラスベガスのように地面の上にあるカジノのことで、川にあるカジノというのは「リバーボート式カジノ」つまり「カジノ客船」のことである。 それは上流のアイオワ州にあると聞いていた。 道中、「ローラ・インガルス・ワイルダー博物館」に立ち寄った。 この名前を聞いてピンと来た人は、たぶん50歳以上ではないだろうか? 昭和50年代、日本のテレビでも放送され、大人気となったドラマに『大草原の小さな家』がある。アメリカの開拓時代を描いたドラマだが、その作者で、登場人物でもあるのがローラ・インガルス・ワイルダーだ。 ぼくもそのドラマが大好きで、この家を見た瞬間、「懐かしい!」と声をあげた。 しかも中に入ると、想像以上に綺麗で、作りもしっかりとしている。あまりにぼくが驚いていたせいか、係の人がやってきて、「この家は当時とそっくりに作り直したレプリカだ」と教えてくれた。 おかしいと思って船員に尋ねると、カジノ客船ではなくクルーズ船とのこと。 でも、渡り廊下にカジノと書いてあるじゃないかというと、あれはすぐそばの陸のカジノへの通路で、カジノ客船があるのはミシシッピ川の別の港と教えられた。 さらに進むとホールから楽器の演奏と歌声が聞こえてきた。 歌手のライブでもやっているのかと思ったが、歌声にキレがない。何かがおかしいと思っていると、ぼくの表情に気づいたのか、従業員がやってきてドアを開け、中を見せてくれた。 近年、アメリカのカジノはスロットで埋め尽くされ、とくに老人はスロットに流れがち。 このダイヤモンド・ジョーもフロアの大部分がスロットで覆われていたが、客の大半はテーブルゲームをやっていた。

「ダイヤモンド・ジョー」 カジノに集う人々に、古き良きアメリカを見た

インドトップのカジノ事業者、デルタ・コープが Jalesh Cruises Mauritius Ltd JCML と契約を締結し、計画中のカジノクルーズ船サービスの開業を前に、JCMLに25%の株式を取得することになる。 報告書によると、デルタ・コープはJCMLに合計万米ドルに相当する万株の出資を予定をしており、その結果「JCMLへの持ち株比率が25%以上になることが予想されている。」 この出資は年6月30日までの完了が予定されている。 Indian Cruise Lines Association インドクルーズ客船会社協会 も支援しているチャンドラ氏は昨年、政府に対してインド海域でのクルーズ船上のゲーミングを許可するよう要請を行った。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。