テスト

「横浜カジノ」セガサミー社長が覚悟する茨道

スイング方法セガサミー日本カジノ – 16429

ランキング 週刊東洋経済プラス 四季報オンライン ストア セミナー。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

ニュースや専門誌などで度々取り上げられる「 カジノ法案 」ですが、正式な名称は基本的なことを記した「 IR推進法案 」と、より詳細に記した「 IR実施法案 」の二つの法案を指します。 このIRという言葉、英語では「Integrated Resort」と表記し、日本語に訳すと「 統合型リゾート 」という意味になります。統合型リゾート(IR)とは、「カジノを含む娯楽施設、ホテル、映画館、ショッピングモールや飲食施設などが合わさった複合エンターテイメント施設」のことを指します。 つまり、カジノ法案を分かりやすくすると「カジノを含む巨大複合エンターテイメント施設を日本でも合法化させて、この施設を観光の目玉にしよう!」という法律で、 年12月15日にIR推進法案が成立 、 年7月20日にIR実施法案が成立 しました。 下のグラフは百貨店71店舗での外国人観光客の来客数と得られた売り上げです。 一番売り上げの多い年4月には、来客数約24万人・売り上げ億円にもなり、百貨店にもかかわらず、1人平均8万円以上の買い物をしていることがわかります。 現在、 カジノ候補地として最も有力視されている のが 大阪 です。 府知事と大阪市長が一致団結して動いていることも注目されている上、昨年11月に大阪万博誘致が決定したことも追い風になっています。 大阪が強く推薦する場所は、大阪市此花区にある人工島「 夢洲(ゆめしま) 」です。 夢洲は、もともと年オリンピックの選手村にする予定でしたが、誘致が失敗に終わりほとんどが空き地となっている土地です。

USJ復活した森岡氏を招へい、下馬評覆せるか

里見  昨年9月にはクラブやスパ、ショッピングゾーンなどの機能を拡充させ、今年の3月にワンダーボックスという室内型のエンターテインメント施設がオープンし、パラダイスシティの第1期開発が完了、本当の意味での統合型リゾートに仕上がりました。私自身、開発段階から現在に至るまでに何度もパラダイスシティに足を運んできましたが、企画時点で想像していた以上にクオリティの高い施設に仕上がったと感じています。 里見  日本で統合型リゾート施設の導入が本格的な議論になって以来、長らく当グループにおいてはリゾート事業への参入を構想してきましたので、今の状況については必然的な流れと言えます。 里見  アジアはIRビジネスにとってまだまだ魅力的なマーケットです。成長が鈍化しているという見方もありますが、一方ではマカオでも施設がまだ増えており、シンガポールにある2つのIRも増床を計画するなど、大手IRオペレーターの投資意欲は旺盛です。 里見  規模だけの勝負ではシンガポール、マカオなどの大規模IRには太刀打ちできませんので、施設としての強みをしっかりと理解し、独自性を追求していきブランドを高めていかねばならないと考えています。 里見  現在、セガサミーホールディングス内に、日本IR事業参入のための企画チームを立ち上げ、各種調査やさまざまな検証、シミュレーションなどを進めています。われわれが目指すのは、世界に誇れるIR施設です。施設はもちろん、地域社会が持続的に発展できる施設提案ができるよう準備しています。 里見  日本がIRを導入する目的は、日本経済、地域経済の活性化、観光業のさらなる発展など、つまりこれからの日本がより良い世の中になるために、国益に資する施設をつくることです。日本の魅力を最大限に引き出し、また責任もってより良い日本社会をつくりあげていくためにも、自国企業が中心となって施設開発・運営を手掛けるべきだと考えます。

全てがわかる!カジノ法案 横浜だけじゃない!IR推進法案は背筋も凍る売国法案だ!!山本太郎とたつみコータローが怒りの解説

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。