テスト

カウンティングが簡単!?イギリス版ブラックジャック「ポンツーン」って何だ?

イギリス版ブラックジャック世界一カジノ – 15140

ラスベガスなどのカジノでしか経験できない格別の雰囲気を、インターネットさえあれば気楽に感じることができるオンラインカジノは、たくさんの人にも認知され、ここ数年で非常に利用者を獲得しました。 カジノオープン化に沿った進捗と歩みを一つにするようにネットカジノ関係業者も、日本ユーザーを専門にしたサービスを始め、遊びやすい環境が出来ています。 多くの人が気にしているジャックポットの出現パーセンテージとか傾向、サポート体制、入出金方法に至るまで、全てを比較されているのを基に、あなたの考えに近いオンラインカジノのページをチョイスしてください。 お金が無用のオンラインカジノで遊べるゲームは、ユーザーに注目されています。と言うのも、勝率を上げるための技能の発展、もっと始めてみたいゲームの戦い方を練るために役立つからです。 人気の高いオンラインカジノを比較しているサイトを見て、ひとつひとつのゲームを入念に考察し、自分に相応しいオンラインカジノを、選出してもらえればと考えています。

イギリスでのカジノについて

ブラックジャックとの違いは、勝負するまでディーラーのカードが全てブラインドされている点です。 ブラックジャックの場合、ディーラーはカードを1枚オープンすることが義務付けられていますが、ポンツーンは全てクローズド。 この為、ポンツーン 勝負時に配られた2枚での21。ブラックジャックで言う「ナチュラルブラックジャック」 の保険となるインシュランスとベーシックストラテジーは使用する事ができません。 ですが、使用するカードはジョーカーを除く52枚だけという少なさ。 この数の少なさで、「カウンティング」というテクニックはブラックジャック以上の効果があります。 数の数え方は、ブラックジャックと同様で、J・Q・Kのピクチャーカードは10としてカウント。Aについては1と11、どちらか好きな方を選んで良い事になっています。 但し、Aとローカード 低い数字のカード での「17」はソフト17という扱いになり、ディーラー側のみ強制でツイストする義務が発生。この点ではブラックジャックと異なり、当然ですが17からバースト、という事もありえます。 このルールによってディーラーカードのブラインドによる不利益がカバーされる形となっているのが本家ブラックジャックとの違いです。 ゲームテーブルでベットを行ったら即座にゲームが開始となりますますが、ディーラーが手札を先に確認し、開始2枚でポンツーン 開始時の手札2枚での21 が成立している場合は、自動的に負けとなります。 ここでディーラーがポンツーンでなければ自分の手札の確認。 手札の点数次第でカードを追加するかどうかを判断する事になります。 追加の場合は指でテーブルを2回、トントンと小突けばOK。 ブラックジャックにおけるヒットと同様で、発声で促す場合は「ツイスト!」と言います。 21を越えるとバーストとなり、自動的に負けが確定しますが、その範囲内なら5枚まで引く事が可能です。

「ポンツーン」ってどんなゲーム?

ポンツーンとは、 プレイヤー(自分)とディーラー(親)1対1の勝負 で、 手持ち2枚からスタートし、合計数字が21に近い方が勝ちとなる 、カードゲームです。 次に自分の数字を確認し、追加するかどうかを判断します。引く場合はツイスト(ヒットと言うか、テーブルを軽くトントンと叩く)、 21を越えなければ、合計5枚まで可能 。 必ずプレイヤー(自分)から手を確定させ、全員完成してからディーラーのカードがオープンされる 為、 21を越えた場合は、バースト(バスト)と呼び、無条件で負けが確定 。 完全日本語対応、サポートも日本語で迅速に対応 してくれ、英語アレルギーでも安心(笑)。 シンガポール マカオ 香港 韓国 台湾 フィリピン ベトナム マレーシア カンボジア ラオス ミャンマー タイ 東南アジア インド ネパール スリランカ カザフスタン オーストラリア ニュージーランド ニューカレドニア バヌアツ オセアニア グアム サイパン。 アメリカ ラスベガス ハワイ カナダ メキシコ アンティグア・バーブーダ アルバ ドミニカ共和国 ハイチ パナマ バハマ。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。