テスト

インターカジノでミリオネアクラブの仲間入り

日本カジノミリオネアスロット – 13486

世界中で人気のクイズ番組「ミリオネア」のスロットシリーズ第2弾「Millionaire Mystery Box(ミリオネア・ミステリーボックス)」が、ビッグタイムゲーミング社(Big Time Gaming)から登場。

アンバーさんが1億6千万円を当てた「Native Treasure」とは?

登場絵柄は、フリースピンボーナスへ進めるミリオネアのロゴマークのスキャッター絵柄を七色に輝くワイルド絵柄。 高位絵柄には、ひときわ輝く紫色の宝石。中位絵柄には、赤・青・緑の宝石3種類。低位絵柄には、数字絵柄6種類となっています。 クイズ・ミリオネアの番組らしく、クイズでフリースピン回数を増加させるイベントが用意されています。 でも実際にクイズに回答できる訳ではありません。 左上に表示されている3つのヒント「50:50(フィフティ・フィフティ)」「テレフォン」「オーディエンス」のいずれかが自動的に選択され・・・。

shadowofthegame.com more Wants To Be a Millionaire のテーマ

ミリオネアのペイラインはBONANZAをはじめとするBig Time Gaming社製スロットでおなじみのMEGAWAYSを採用しています。 縦軸のラインはスピンごとに変動し、1ライン最大数は7。 1ラインの図柄数が多ければ多いほど、MEGAWAYSが増え、その数は最大でと破格の仕様です。 スピン停止後、小役が成立したマスは消滅。 消滅した後に空白は下にスライドして、図柄が上から補充されます。 ミリオネアでは、このリアクションの終了が1スピン換算となる仕様です。 フリースピン突入条件は、通常時にスキャッターが3つ以上停止すること。 初期ゲーム数は8ですが、突入直後に始まるギャンブルゲーム次第では、最大50ゲームまで増やせます。 ギャンブルで1問でも正解すると初期ゲーム数10ゲームが保証されます。 しかし、1問目で間違えた場合はフリースピンを失うので注意が必要です。 確実にフリースピンをプレイしたい場合は、選択肢の左にある『辞退する』を選択し、ゲーム数を確定しましょう。

ミリオネア(MILLIONAIRE)の特徴

アンバーさんは、のフリースピンをヒットしたすぐ後に、何とまたのフリースピンを獲得、それが繰り返し起こり・・・結果的に、合計1,のフリースピンをもたらしました。 しかも、その消化に要した時間は、4時間。 その4時間後の、賞金総額が・・・1。 出典: インターカジノのミリオンダラーウィナーご紹介 - InterCasino。 ワールドカジノナビ オンラインカジノ 脅威の回のフリースピンでジャックポット級の賞金1億6千万円を獲得する快挙! クラシックなスロットマシン「Native Treasure」(ネイティブトレジャー)で、1。 アンバーさんが1億6千万円を当てた「Native Treasure」とは?

shadowofthegame.com more Wants To Be a Millionaire の主な特徴

Who Wants To Be a Millionaire(フー・ウォンツ・トゥ・ビー・ア・ミリオネア)は、 Big Time Gaming(ビッグタイムゲーミング)社 が提供する6リールの変動ライン制スロットです。従来の スロットゲーム にはない独特のシステムを搭載しており、最大で通りとなりますが、このシステムは過去にご紹介した「 Bonanza 」と基本同一のものとなります。 Who Wants To Be a Millionaire の主な特徴 2。 Who Wants To Be a Millionaire のテーマ 3。 Who Wants To Be a Millionaire のボーナス 4。 Who Wants To Be a Millionaire のワイルド 5。 Who Wants To Be a Millionaire のフリースピン 6。

【生スロット対決!!!part②】今回のスロットは大人気ミリオネア!全員で同時にボーナス突入してみた!!

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。