テスト

JACKPOTCITYのすばらしいライブカジノゲーム

ゲームライブディーラースタジオシティカジノ – 19822

下記の写真はプレイテック系オンラインカジノのラトビア共和国リガ市にあるヨーロッパスタジオの美女ディーラー です。プレイテック系はラトビアとフィリピンにスタジオがあり、プレイテック系のオンラインカジノでは両方、もしくは片方の スタジオからのライブゲームを楽しむことができます。 ライブゲームは、マイクロゲーミング系、インターカジノ系、カジノ系でも提供されており大人気となっています。 ヨーロッパの人気時間帯では席が無いことも多々あります。 ライブゲームは、ディーラーが目の前でカードを配り、ルーレットに投球しますのでゲーム消化に時間がかかりますが、 グランドカジノ(ラスベガスやマカオなど)に近い臨場感も味わえますし、近づきづらいカジノの女王「ルーレット」 もプレイできますし、何よりコンピュータ対戦では不安な方には特にお勧めということができます。 また、ライブゲームの特徴として、過去出目が長時間分表示されていることがあります。 バカラ、ルーレットは出目を読むゲームです。流れの着ているときのみチップを賭ける、ベットコントロールをするには 最適なのがライブゲームです。

ライブカジノゲームについて

上の写真はプレイテック系オンラインカジノの入場画面を彩る美女ディーラーです。 ライブカジノは24時間営業ですので多くの女性ディーラーがローテーションしながら登場してきます。ライブカジノのエントランスに写るのはやはり美女という選択基準があるのでしょうか・・? 残念ながら有料アカウントが無いとライブディーラーにアクセスすることはできません。 ちなみに、プレイテックのヨーロッパライブスタジオは、バルト3国の真ん中、ラトビア共和国リガ市です。また、フィリピンにもスタジオがあり、両方の美女ディーラーと対戦できます。 プレイテック系オンラインカジノのライブディーラーを覗けば、どこのカジノでもディーラーは同じです。 スタジオ運営はプレイテックが行って各カジノからプレイテックのライブカジノスタジオへアクセスされるからです。 これはコンピュータ対戦でも同様でどこのプレイテック系のオンラインカジノでもカジノゲームはプレイテックのサーバーで運用されています。ゆえに個々のカジノでゲームを操作することはできません。 しかしながらコンピュータ対戦は「あやしい」と考える方にお勧めなのがライブゲームなのです。生中継でカジノゲームが運営されますのでマカオなどのランドカジノと同じということになります。 プレイテック系では、バカラ、ルーレット、ブラックジャック、シックボー、カジノホールデム(ポーカー)の5種類のライブディーラーをプレイすることができます。 他のカジノではブラックジャック、バカラ、ルーレットの3種が多いのでプレイテックがこの分野では突出しており、プレーヤーの数もダントツです。 ゲームテーブルは日本語対応になっていますが、残念ながら日本語でプレイすることはできません。すべてのディーラーは英語になりますがランドカジノと同じなので問題ないと思います。 人気はやはりカジノの王様「バカラ」でしょうか。バカラは4種類のゲームが選択できます。特にお勧めなのが「ミニバカラ」です。出目表の他にバンカーとプレーヤーに賭けられた金額が表示されますので「他人の読み」に乗ることもできます。 ライブ化のため特殊ルールを採用している「アンリミテッドブラックジャック」以外のプレイテックライブカジノは一般的なカジノゲームルールでプレイします。これはコンピューター対戦がライブに変わっただけです。 ルーレットは、「0」が1つのヨーロピアンスタイル、バカラはカードオープンでバカラルールに従って自動でカードを引きます。 ブラックジャックはディーラーがライブなだけでコンピュータ対戦と差がありません。 しかしながらコンピューターはいまいち信じられない方、少しでもランドカジノの雰囲気を味わいながらプレイしたい方にお勧めなのがライブディーラーです。 一番ランドカジノに近いのがライブブラックジャックです。7人限定なので他者のプレイを見ながらプレイすることができます。 ただテーブル数が限定されてしまいプレイできない方が多かったため、人数制限のない「アンリミテッドブラックジャック」が開発されたようです。 ランドカジノ(ラスベガスやマカオなど)でのバカラはカードをめくる際、ただ単にカードをめくるのではなく、端の方から少しずつのぞきこんでいく「しぼり」という独特の方法を使ってカードをめくっていきます。 プレーヤーとバンカーに最高金額を賭けた人の特権となり、その人の挙動でテーブルが盛り上がっていくわけですが、オンラインカジノではその興奮はありません。 しかしながらプレイテックには4種類のバカラが用意されおり、その中の「ライブバカラ」は1テーブル8人限定となっていて他者の賭けを見ながらプレイできますので少しはランドカジノの雰囲気を味わうことができます。 ルーレットはディーラーがホイール(回転盤)にボールを投入するところはランドカジノと同じなのですが、他者の賭けを見ることがなく淡々と進んでしまいますので、コンピュータは不安だという方向けでしょうか。 オンラインカジノの信頼性   チップ購入と払い戻しの流れ   チップ購入・入出金の種類   初回入金ボーナスについて   ボーナスは得か否か   カジノ攻略法? インターカジノ   ワイルドジャングルカジノ   ジパングカジノ   ウィリアムヒルカジノクラブ   ラッキーベイビーカジノ   スピンカジノ   ジャックポットシティカジノ。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

近年、オンラインカジノの利用者全体のおおよそ7割がライブゲームをメインにプレイしているという報告もあり、オンラインカジノの花形コンテンツして一層人気を博しているこのジャンル。 その人気の秘訣はなんといっても、ゲームプレイにおけるライブ感と臨場感でしょう。「対コンピューター」ではなく、「対人間」だから、他の カジノゲーム と比べてもツキの流れが生まれやすく、ゲームの種類によっては駆け引きも楽しめます。 ライブゲームは オンラインカジノ の世界の中でも、特にランド(実際の)カジノに近い感覚でプレイすることが可能なゲームなのです。 ライブゲームは生放送を利用したリアルタイム進行によって行われるため、ゲームプレイの途中での入場となった場合は、次のゲームが始まるまでプレイに加わることはできません。これも実際のカジノとまったく一緒です。 のんびりと現在のゲームが終了するのを待ちましょう。 進行中のゲームラウンドが終わり、次のラウンドのベットタイムが始まれば、いよいよゲームへの参加となります。 ただし気をつけたいのが、ライブカジノはリアルタイムで進んでいくために、賭けるまでにいつまでも悩むことができないということ。ベットも制限時間内に行う必要があり、もし自分が完了できなくても、お構いなしにゲームはスタートします。 この独特のスピード感は、最初慣れるまでは大変かもしれませんが、だからこそゲームに緊張感を生んでいて、ライブカジノにはなくてはならない醍醐味となっています。ランドカジノでのプレイが好きな人にとってもたまらない要素です。 多彩な人気ゲームの取り揃えに加えて、ベラジョンの モバイルカジノ は、ブラウザカジノのため、アプリをダウンロードする必要もありません。PC版でも、モバイル版でも同じ数のライブゲームが楽しめるのが嬉しいですよね。もちろんモバイル版もしっかりライブディーラー対応です! ランドカジノでは、実際にルーレットには球が投入され、ブラックジャックではプレイヤーがアクションを行い、バカラのカードはゆっくりとめくられます。そして、プレイヤーはディーラーと一緒にプレイを楽しみ、ゲームにもよりますがディーラーとの勝負も行います。 陶酔感たっぷりのプレイ環境と、生身の人間との白熱したゲームプレイによって、現実のフロアで行われるカジノゲームには人を虜にしてしまう魅力があり、プレイヤーはギャンブルへの強い没入感を楽しむことができます。 一方、ゲーム画面からCGで作られたオンラインカジノの通常のカジノゲームを、これと比べてしまうと物足りなさがあるのは否めません。 ルーレットのホイールを球が走っても、バカラでトランプが絞られても、どんな演出で見せられても、全てコンピュータ制御だと思ってしまうとどことなく臨場感に欠けるからです。 この点、現実のカジノスタジオと繋がるライブゲームでは、本物のカジノさながらの興奮を画面越しに体験することができます。

ゲームライブディーラースタジオシティカジノ – 19811

ライブディーラーカジノのメリット

完全日本語対応、サポートも日本語で迅速に対応 してくれ、英語アレルギーでも安心(笑)。 シンガポール マカオ 香港 韓国 台湾 フィリピン ベトナム マレーシア カンボジア ラオス ミャンマー タイ 東南アジア インド ネパール スリランカ カザフスタン オーストラリア ニュージーランド ニューカレドニア バヌアツ オセアニア グアム サイパン。 アメリカ ラスベガス ハワイ カナダ メキシコ アンティグア・バーブーダ アルバ ドミニカ共和国 ハイチ パナマ バハマ。 アルゼンチン ウルグアイ コロンビア チリ パラグアイ ブラジル ペルー。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。