テスト

横浜市、IR巡る住民監査請求却下 住民投票求め署名活動する市民団体も

アジア横浜にカジノ – 15454

キーワード: 検索。

「カジノ」?「IR」?北海道が断念 外国人観光客が目当て

LVSはIR誘致を目指す横浜市のRFC コンセプト提案 に参加していた。 LVSの発表 に関し、林文子市長は13日の定例会見で「驚いたという気持ちはない」「色々な要素が考えられる」「 新型コロナウイルス感染症による 世界的に厳しい経済状況の中で投資時期を考えたのかと思う」と述べた。同市のIR推進課の担当者はIAGの電話取材に「 LVSも RFCの段階で参加していたが、まだRFP 事業者募集・選定 の段階ではないので、提案側もどの程度本気で横浜に参画しようとしていたのかは何ともわからない」と話した。 横浜市は6月までに、今年3月〜4月に実施したパブリックコメントの集計及び、「横浜IRの方向性 案 」「実施方針 案 」「募集要項 案 の骨子」の策定をし、8月に「パブリックコメントの結果」「横浜IRの方向性」「実施方針」「募集要項」を公表、その後RFPプロセスを実施する予定。同担当者は「このスケジュールに変更は無い」と述べた。 上村慎太郎 東京出身 は、プロ麻雀棋士、麻雀講師、ライターとして長年活躍しています。国内のパチンコ、スロットや海外カジノ等、様々なギャンブルのエキスパートとして世界を股にかけ活動しています。

横浜にカジノが必要ない理由

横浜市が表明した、 IR カジノを含む統合型リゾート施設 の山下ふ頭への誘致方針に対し、「かながわ市民オンブズマン」が請求した住民監査が市監査委員に却下されたことが24日、分かった。オンブズマンは結果を不服とし、住民訴訟を起こす考え。地元紙の神奈川新聞が伝えた。 また、IR誘致に反対する市民グループ「カジノの是非を決める横浜市民の会」 賛同団体:立憲民主党、日本共産党、れいわ新選組など は24日、誘致の是非を問う住民投票条例を求め、来月から署名活動を始めると発表した。条例制定の請求に必要な署名は約6万2千筆。同会は9月の市議会定例会に条例案を付議することを目指すが、そもそも市議会はIR誘致賛成派が過半数であり、条例案の可決は難しいと見られる。もう一つの手段となる市長のリコール実現には約50万人分の署名が必要となる。

横浜市、IR巡る住民監査請求却下 住民投票求め署名活動する市民団体も - IAG Japan

平成27年3月、横浜市が『IR 統合型リゾート 等新たな戦略的都市づくり』の検討調査報告書を公表しました。この調査研究は、横浜経済が「踊り場」にあることをふまえ、IR導入によって得られる効果(経済波及効果、税収効果、雇用創出効果)が将来の横浜の社会保障や都市インフラに活かすことができるかを検証するものです。 IR(Integrated Resort)という用語は、年代にシンガポールでカジノ導入が検討される過程で使用され、世界的に普及しました。『IRとは、カジノ施設及び会議場施設、レクレーション施設、展示施設、宿泊施設その他の観光振興に寄与すると認められる施設が一体となっている施設の総称』で、今や、世界カ国でIR(カジノ)が導入されています。 マリーナ・ベイ・サンズ(シンガポール)の施設例をみると、15haの敷地内に、会議場・展示場12 万㎡、劇場2か所(約人収容)、屋上空中庭園、プール(約1万㎡)、美術科学博物館、ホテル(約室)、ショッピングモール、飲食店、カジノがあります。カジノ施設は全体面積の2。 IR推進法案およびIR実施法案に関する基本的な考え方に共通する重要ポイントとして、独立性を有する新たな監視・監督機関の創設やIR設置区域の指定(当面2~3ヶ所)があります。国からIR区域と指定された地方公共団体は、「自らの費用とリスクでIRを整備する民間事業」を公募により選定」します。  マリーナ・ベイ・サンズの場合では、約億円の投資を3年程度のカジノ売上(億円)で回収しましたが、この回収スキームも、IR利用客があればこその試算であり、IR事業者は、投資に対する回収が見込まれない場合、撤退も含めシビアな事業判断を行うでしょう。世界のIRとの競争であり、アジアや欧米のIR動向を見極めたポジショニングが重要です。 IRは短期的な利益を生みますが、長期にわたる事業継続にはリスクが伴います。地方公共団体がIR事業から得られる収益や負担する資金リスクがどの程度か、将来にわたり安定した収益を横浜市が確保し続けることが可能なのか、その見通しがなければ、安全・安心の横浜市政運営の継続は不可能となります。

アジア横浜にカジノ – 11398

横浜にカジノが必要ない理由 – アゴラ

にも関わらず、だまし討ちの形で今回の誘致の意向を表明したことには怒りを禁じ得ません。 本日の市長による表明は、今秋の国会でカジノ委員会が設置されるという状況にせかされ、横浜市民に対して十分な説明責任を果たしていない不誠実極まりないものであります。 さらに、ギャンブル依存症、マネーロンダリング等の問題も治安悪化に直結することは言うまでもありません。 ギャンブル依存症はWHOで認知されている精神疾患であるにもかかわらず、日本においては調査や対策がほとんど行われてこなかったのが実情であり、その不安を拭い去ることは全くできておりません。 横浜市の経済波及効果に関する資料もカジノ事業を行いたい事業者から 「こんなに儲かりまっせ」と提供された都合のよいザクッとした数字のみが示されており、独自の調査などは行っていないことが伺えます。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。