テスト

日本がシンガポール型のIRカジノを手本にするとオンラインカジノは違法となる!?

賞オッズ横浜誘致IRカジノ – 32447

フォロー中 フォローする フォローする。

2019年12月23日

世界のカジノ記事 でご紹介している通り、海外には国をまたいで複数のカジノを経営しているような大手カジノ事業者がたくさん存在します。世界一のカジノ都市であるマカオも、外資系カジノの誘致成功が現在の繁栄につながっています。 ヨーロッパのプロサッカーリーグの-19シーズンがこの夏かスタートする。その先陣を切るのはイギリスのプレミアリーグで、日本時間11日午前4時からマンチェスター・ユナイテッド(マンU)と岡崎慎司が所属するレスター・シ […]。 ブックメーカーと聞けば「スポーツの結果を予想してお金を賭ける」スポーツベッティングを思い起こすかもしれない。大坂なおみの優勝で幕を閉じた「全豪オープン」でも、大坂が同大会で優勝するオッズは全体3番手の12倍のオッズがつい […]。

IR(カジノ)建設地に立候補中の自治体

主に観光客からの収益や世界の貿易の中間地点として収益を上げているシンガポールは、オンラインギャンブル(インターネットを介して行うギャンブル)に対して、規制を行っています。これは、2014年に施行された遠隔賭博法による物で、これによってシンガポールでは、自国・他国の企業がオンラインカジノを含む、オンラインギャンブルの運営を出来ない様になりました。さらに、自国民であるシンガポール人には、世界中のオンラインギャンブルに参加する事事態が違法という事になりました。 更に、内容はもっとシビアで、オンラインギャンブルに関するウェブサイトは全て閲覧ができなくなる他、広告の掲載も禁止。決済関係も利用できなくなるという事です。 入金の手段も出金の手段も経ち、更に、ウェブの閲覧もできなくなるとは・・・。なかなか本格的な法案になっています。 出典: シンガポール政府インターネット賭博禁止へ - カジノニュース : ニッカンアミューズメント。 オンラインギャンブルのシェアはカジノ産業から見ると1%に過ぎませんが、年間成長率が9%となっているので、ギャンブル依存症の対策の観点からも規制の方向になっているようです。ですが、アメリカが、かなり昔は合法で、しばらくしてから違法にして、その後、また州によっては合法となったように、景気に左右されて、税収が欲しい時には、合法にしている感じがするので、結局の所、国民のギャンブル依存症対策というのは名ばかりと印象もします。 シンガポールも、現在は、マリーナベイサンズなどで観光立国として人気が高い事で、カジノの税収もかなり大きくなっています。なので、現在は、規制していくという流れの段階といえます。 出典: オンラインによる販売について:シンガポール 貿易・投資相談Q&A - 国・地域別に見る - ジェトロ。

2020年01月31日

ギャンブル依存症を生む 公認ギャンブルをなくす会 【なくそう!ギャンブル被害】 「公認賭博」の抑制を求め、ギャンブル被害をなくすよう活動するものです。 posted by inoue at Comment 0 会報。 採らぬ狸の皮算用    11。 仕事の時間をギャンブリングに費やしたことがありますか? 2。 ギャンブリングのせいで家庭生活がうまくいっていませんか? 3。

横浜市長がIR誘致を表明 住民らが市長室前に・・・(19/08/22)

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。