スキル

F1ポール・ポジション獲得数トップ5:2017年F1ベルギーGP

ポールポジションエストリルカジノ – 41043

スケールカー シャツ・ジャケット 帽子 アタッシュケース トロリーケース バッグ 書籍・DVD アクセサリ・雑貨。

«Estoril»を25ヵ国語で翻訳

世界のカジノを見ていくにあたってまず言えることは、 どこの国の人が、一番ギャンブルが好きなのかという事だ。 すぐに返ってくる答えは、「アメリカ」と言う人は多いだろう。 カジノの本場ラスベガスがあるので そういうイメージ固まっているのかもしれない。 どっこいそうではない。 一番は、中国人である。 賭け事に関しては群を抜いている人種は誰もが認めるところだ。 次いで、イギリス、、フランスとなる。 アメリカ人もギャンブルは好きだが、 移民国家だから、人種的には、アングロサクソンのほか、 ゲルマン、ラテン、スラブと様々な人種が入り混じっているので、 はっきりしたことはわからないというのが本音だろう。 ことカジノに関して言えば、 ナンバーワンは、ラスベガスと言うのは誰もが認めるところ。 あの眠らない街不夜城は、 量・質ともに世界ナンバーワンで文句のないところだろう。 次いで、アトランテックシティ、モンテカルロ、 カンヌ、バーデンバーデン、マカオ、べネツィア、 メトロポール モスクワ)、サンシティ 南ア と続く。 世界のカジノ場を挙げたらきりがないほど存在する。 それに引き換えなぜ日本にはないのか、 外国人から見れば日本7不思議の一つだそうだ。 ちなみに先進国サミットに参加する国の中でカジノがないのは日本だけだ。 推して知るべきである。 日本でカジノを楽しみたいのならコチラ。 世界のカジノ概要 9 【シンガポール】 シンガポールは、アジアにおける海上交通の要衝の地である。 西にマラッカ海峡、東に南シナ海を擁し中継貿易基地としてこれまで栄えてきた。 日本同様、天然資源もなく農業の基盤もない。 そんなシンガポールが、年2つのカジノをオープンしたときには、 世界のカジノ市場は、騒然とした。 これまで世界は、シンガポールと言えばクリーンな禁欲の街として捉えられていた。 それがカジノ導入で、シンガポールのイメージを一変する出来事だった。 今後エキサイティングなエンターティメンと都市へと変貌するのだ。 そしてこの大胆な試みは、大成功した。 年リゾート・ワールド・セントーサが2月に、 マリーナベイ・サンズは4月にオープンした。 この両カジノのオープンは、国際観光客を大幅に増加させた。 シンガポール政府は、政策意図を提案させ、 提出された提案書を評価、選定を行う手法、 つまり審査型入札制度を採り入れ成功を収めた。 これは日本もカジノ導入の際には、大いに参考になる手法と言えよう。 審査の結果、マリーナベイはラスベガス・サンズ社、 セントーサ島はマレーシヤのゲンティング社が選ばれた。 この2社がシンガポールに大きな経済効果を与えたというのは言うまでもない。 >>シンガポールのカジノへ行く前に練習してから行きませんか? 世界のカジノ概要 8 【マカオ】(2) マカオ特別行政地区政府は、 マカオ経済活性化のため スタンレー・ホー のカジノ独占を阻止するため、 アメリカを中心とした国際資本を導入することを発表した。 つまりアメリカ型のエンターティメントリゾートに方向展開をすることを決意したのだ。 世界の大手カジノを、マカオに誘致し、 カジノのさらなる発展を期すことになった。 当然世界のカジノ企業は大いに関心を示し、 ラスベガスのスティーブ・ウインが参入してきた。 マカオの中心地区にあるコタイ地区にラスベガスカジノを誘致、 ラスベガスをはるかにしのぐ世界一のカジノの街に発展していった。 2002年以降のカジノの発展は、 サンズ、ウイン、MGM、グランド・リスボアなどがある マカオ半島中心に発展してきた。 しかし今後の新規プロジェクトの大半はコタイ地区に集中している。 それを見ても今後のカジノ発展のカギを握るのは、 コタイ地区であると言えよう。 現在マカオへの入国の主要ルートは、 広東省か香港からフェリーを使うルートがある。 コタイ地区の開発を進めるとしたら、 マカオと香港、中国本土の各都市をつなぐ インフラの整備が課題となろう。 世界のカジノ概要 7 【マカオ】 1 中国大陸南岸の朱江河口にあり、人口50万人の小さな町である。 しかしここは、世界遺産に指定された聖ポール天主堂跡など 歴史的建造物でも有名な町でもある。 主たる産業は、観光とカジノである。 年香港政庁は、それまで野放しになっていた賭博の全面禁止令を発布した。 それで香港のカジノ業者は、カジノが合法化されているマカオに移転し、 そのためマカオはカジノの街として発展することになる。 その発展のきっかけとなったのが、スタンレー・ホー率いるSTDM社が、 独占営業権を得たことであろう。 その後の40年間、東洋のラスベガスと言われるまでに マカオをカジノの街として発展させた。 年サンズのフェリー乗り場の横に、サンズ・マカオをオープン。 カジノの競争がスタートした。 マカオのカジノ市場は、この新規参入により、 ドラマチックな発展を遂げていくのである。 売り上げ規模は、ラスベガスの2~3倍の差があると言えば驚く人がいるだろう。 しかしホテルの部屋数の違いは、ラスベガスがマカオの8倍という。 この差は何を表しているのか。 マカオのプレイヤーは、夜昼関係なくプレーをするという事だ。 今後中国人客の増大で、 マカオの発展はますます増大の一途をたどるとみられている。 >>マカオのカジノへ行く前に練習しませんか?

POLE POSITION 1989 F1日本GP検証

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。