スキル

JR九州スマートフォンアプリを共同企画開発

新ペイメントサービスインスタントゲーム – 6352

Showcase Gig(ショーケース・ギグ)は、JR九州、JR九州エージェンシーと共同で企画開発したJR九州の公式スマートフォンアプリ「JR九州アプリ」が、年3月9日に20万ダウンロードを突破したと発表した。

ペイメントニュース最新情報

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。 友だちと最大4人で自動的に割り勘ができる「割り勘決済」 2。 ルーレットによってポテトやポップコーンの味がランダムで当たる「フレーバールーレット」 3。

列車予約にゲーミフィケーションを取り入れ“九州の鉄道”を楽しめるサービスに

昨年のカンファレンス開催から1年、「サブスクリプション化」の波は、あらゆる業界に押し寄せ、ビジネスモデルの転換を促しています。 これまで「所有」を前提にモノを売ることで利益を創り出す、売り切りモデルを採用してきた日本企業は、顧客の志向がサービスや体験に価値を見出す「利用」へと変化していく中で、自らの変化を余儀なくされています。 「利用」の時代は、魅力的な価値を提案し続けることで、より多くの顧客を獲得し、継続利用による顧客単価(LTV)を上げることができるか否かがビジネスの勝敗を左右します。 こうした大転換をビジネス飛躍のチャンスと捉え、収益を拡大していくためには、プロダクトのみならず、組織全体を「サブスクリプション型」に移行していくことが不可欠となります。 本カンファレンスでは、幅広い業界から「イノベーター」をお招きし、サブスクリプションビジネスへの転換におけるチャレンジ、転換後の成果、今後の戦略についてお話しいただきます。また、プロフェッショナルの視点から、グローバルでの動向、プライシング戦略、KPIの考え方などについてインサイトをお届けします。 外資IT企業でのマネジメントを経て、ライトナウ・テクノロジーズ、キリバ・ジャパンの代表として国内ビジネスの立ち上げに従事。年2月、米Zuora社の日本進出に伴い、日本法人の代表に就任。国内企業に対してサブスクリプション ビジネスへの変革を支援。 大手システムインテグレーター、複数のコンサルティング会社を経て現職。デジタル時代のEnterprise Architecture設計に強みを持つ。また、グローバルサプライチェーン改革、グローバル営業改革、ERP導入等のオペレーション変革、システム構造改革の経験を多数持つ。現在は、企業システム全体像のデザインからその実現までを扱うSystems Integrationチームをリードしている。 Subscribed Tokyo の模様。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。