スキル

カジノ:シンガポールのギャンブル依存症患者はなぜ減ったのか?

適法性マリーナベイサンズカジノ – 52556

主に観光客からの収益や世界の貿易の中間地点として収益を上げているシンガポールは、オンラインギャンブル(インターネットを介して行うギャンブル)に対して、規制を行っています。これは、2014年に施行された遠隔賭博法による物で、これによってシンガポールでは、自国・他国の企業がオンラインカジノを含む、オンラインギャンブルの運営を出来ない様になりました。さらに、自国民であるシンガポール人には、世界中のオンラインギャンブルに参加する事事態が違法という事になりました。 更に、内容はもっとシビアで、オンラインギャンブルに関するウェブサイトは全て閲覧ができなくなる他、広告の掲載も禁止。決済関係も利用できなくなるという事です。 入金の手段も出金の手段も経ち、更に、ウェブの閲覧もできなくなるとは・・・。なかなか本格的な法案になっています。

Recommends

マリーナベイ・サンズ の カジノ は世界的に有名ですが、世界でも有数な初心者にも優しい カジノ でもあります。 カジノ をより楽しむ方法をご紹介します。 マリーナベイ・サンズ の カジノ は総フロア4階、15,平方メートルを超えるゲームスペースを誇ります。入口は マリーナベイ・サンズ を訪れるとあらゆる場所に表示があります。日本からの観光客は「外国人用スポット」から 入場料 無料で入場することができます(入場可能なのは21歳以上のみ。シンガポール人、永住権を保持する外国人は 入場料 がかかるので一緒に入場する際は注意しましょう)。大きな荷物を持ち込むことはできませんが無料で預かってくれます。パスポートや財布などを持参する小さなバックを事前に用意しましょう。世界最大のスワロフスキークリスタルのシャンデリアが光り輝くこの カジノ には、を超えるテーブルゲーム、1,以上のスロットがセッティングされています。驚くほど広いので、よほどの混雑時でないかぎり入場したけれど遊べないということはないでしょう。お腹が空いたらそれぞれの階で様々な 食事 (有料、無料)を楽しむこともできます。 初めて カジノ を体験する時注意すべきことは何でしょうか。まず、 服装 です。ドレスやジャケット着用などの硬いドレスコードは マリーナベイ・サンズ カジノ にはありません。しかしプールサイドを連想させるようなカジュアルすぎる 服装 は入店を断られる場合があります。そして室内は非常に冷房が効いています。カジュアルな夏服スタイル(ジーンズやスカートと、袖のあるトップス)に何か羽織るのがベストです。入場手続きが終了したらいざゲームです。まずは少額で賭けられる階を楽しむようにしましょう。 マリーナベイ・サンズ カジノ は4階構成になっています。上層階は高額の賭け金で遊ぶ人のエリアです。下層階は少額でも楽しめるゲームがありますが賭け金はゲームによって変動します。例えばテーブルゲームは最低賭け金が25シンガポールドルです。自分の予算と相談して、堅実に楽しみたい場合はスロットなどのより少額でルールがわかりやすいゲームをお楽しみください。 カジノ も マリーナベイ・サンズ も楽しみたいと思ったら、 サンズリワードクラブ ( Sands Rewards Club) への入会をぜひご検討ください。サンズリワードクラブは マリーナベイ・サンズ を最大限に楽しむことができるロイヤリティープログラムです。プログラムにはレストラン、ショッピングでポイントが貯まる「サンズリワードライフスタイル( Sands Rewards LifeStyle) 」、さらに カジノ 特典がついた「 サンズリワードクラブ 」の2種類があります。「サンズリワードライフスタイル」は マリーナベイ・サンズ のお買い物でお得なポイントがもらえ、それに加えて カジノ 特典のついた「 サンズリワードクラブ 」にご入会頂くと、チップをお得に受け取ることのできるサービスがあります。クラブの入会手続きは カジノの入口付近の受付で行うことができます。作成時にはパスポートの原本が必ず必要です。入会手続きは5分程度で終了しますので、ぜひ入会をご検討ください。

シンガポール、マリーナベイサンズ【カジノで大勝ち】

シンガポール政府がオンラインギャンブルに規制?

リゾートワールド・セントーサ RWS が、年2月4日に最初のカードを配った瞬間から、シンガポールの統合型リゾートは、世界のゲーミング市場をリードしてきた。RWSとマリーナベイ・サンズ MBS は、IRデザインと運営に関する新基準を確立し、親会社のゲンティン・シンガポールとラスベガス・サンズに驚異的な利幅で巨大な利益を届けている。 シンガポールのIRは、観光地として、そして生活や仕事のための場所としてさえも、その街のイメージを改善させた。会議、ホスピタリティ、買い物そして飲食ですでに有名であった街で、IRは各ジャンルのレベルをさらに一段引き上げた。政府と事業者の間で昨年締結された90億シンガポールドル 約7,億円 の拡張契約によ って、両IRの特徴的な機能、そしてシンガポールの観光の選択肢が強化される。 これらIRの実力の中で他のライバルを蹴散らせていない唯一の分野が、ゲーミングフロア上にある。年の予想ゲーミング粗収益は60億米ドルだった。これまでこの数字を上回ったことは一度もなく、昨年のGGRは50億米ドルあたりだった可能性が高い。ベネチアン・マカオは定期的にマーケットリーダーのMBSを上回り、サンズ・チャイナが持つコタイの4つ全ての施設がそのテーブル当たりの売上に勝っている。 MBSはゲーミング機毎の売上でLVS内でのトップに立っている。 通商産業省は、Inside Asian Gamingからの質問に対して書面で回答し、「統合型リゾート IR は、シンガポールのレジャー、エンタ ーテイメントそしてMICEの選択肢を広げ、シンガポール観光の魅力を強化すると同時に、地元経済に貢献し、シンガポール人に良い仕事を創り出す大きなスケールの象徴的な生活の場として考えられていた」と述べた。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。