パラメータ

ビジネスパーソンのためのIR(統合型リゾート)基礎講座 第1回「日本導入が検討されているIRって何?」

オンラインの基礎カジノ議連 – 58029

このセクションではIRをめぐる日本の歴史と現在の状況について述べていきます。 日本におけるカジノ誘致は、石原慎太郎氏が東京都知事を務めていた時代からスタートしています。 年4月に都知事に就任した石原氏は、東京都の財政再建という課題に対して「お台場カジノ構想」を掲げました。その経済波及効果は最大2,億円と試算されており、全国の自治体にも注目されました。 しかし年6月、石原都知事(当時)は、お台場でのカジノ実験計画の中止を発表。事実上の「カジノ構想の断念」をアナウンスしました。その計画中止の背景には、ギャンブル市場の実質的な既得権益を保持していたパチンコ業界の猛反発があったとされています。 その後、約10年に渡って日本におけるカジノ構想は目立った動きがありませんでした。 しかし、その一方で、年8月にシンガポールの3代目首相リー・シェンロンはIR導入を宣言。翌年4月にはマリーナベイ地区とセントーサ地区の2カ所にIR施設を設置する計画案を発表。やがて年には国内に2つのIR施設をオープンさせました。 再び日本に目を向けてみると、年4月、民主党の古賀一成衆議院議員を会長とする超党派のIR議連(国際観光産業振興推進議員連盟)」が発足します。 そして年12月には先述の「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」が公布・施行されたのです。

▼ アナタの海外ビジネスを成功させるために

ランドカジノ、オンラインカジノにはそれぞれの運営上の制約がある。オンラインをお金が賭けられるTVゲームくらいに考えている人も見受けられるが、実際はプレイヤーの入出金が全てデジタルで記録されるので、ランドベースよりも透明性という点では高い。 またランドベースと違ってプレイヤーの監視もできるので、セキュリティの面で非常に高いレベルを維持している。 またラスベガスで行われた、世界最大のランドカジノ関連の見本市ともいわれるGlobal Gaming Expo(G2E)2013にコナミ(アメリカの子会社であるKonami Gaming)が出展。周知の通りコナミといえば、日本ではオンラインゲームや、パチンコ・パチスロの開発で知られる。海外では米国をはじめ、オーストラリアやシンガポールで現地法人を設立し、現地のカジノの遊技機器等のライセンスを取得したうえで、ランドカジノへスロットマシーン等を卸している。 従来はそうした海外事業としてランドカジノ向けのスロットマシーン等の製造販売等を手掛けていたが、G2Eの開催初日に、オンラインカジノ業界へ参入を示唆する発表が行われた。 その後Konami Gamingはイギリスのオンライン開発会社「ゲームアカウントネットワーク」と戦略的提携を発表。この提携でコナミのランドカジノ用のスロットマシーン等を、オンラインゲーミング業界に持ち込む目論見がある。 オンラインギャンブルの基礎がないコナミとオンラインのプラットフォームの開発やゲームのオンライン化のノウハウをもつゲームアカウント社との理想的な提携が実現したといえるだろう。 日本もその裁定を支持する立場をとっている以上、規制を維持することは不可能であり、そもそも自由貿易に抵触する可能性もあるのではないだろうか。 何よりもプレイヤー目線で、安全で楽しいオンラインカジノが実現するのであれば、これ以上の議論はないだろう。

IR導入可能性に関する調査依頼の公募を発表

IR(Integrated Resort)とは、カジノを含む統合型リゾート。カジノ導入に当たりシンガポールが使って広まった言葉であり、大規模なホテルやコンベンション施設、高級ショッピングモール、劇場や遊園地などのエンタテインメント施設などが併設されているのが特徴である。 美原 融(みはら・とおる)氏 大阪商業大学教授・アミューズメント産業研究所長。年、一橋大学経済学部卒業。三井物産入社後、三井物産戦略研究所などを経て現職。01年以降、日本プロジェクト産業協議会の複合観光施設研究会主査として、東京都をはじめとする自治体のカジノ導入の動きを支援。以後は国政にも関わり、IR議連の実質的な顧問を務める。日本のIR推進におけるキーパーソンのひとりである。 (写真:鈴木 愛子)。 美原 :IRは機能面と施設面という2つの視点から捉えると理解しやすいと思います。機能面から見ると、遊ぶ、泊まる、観る、楽しむ、仕事をする、買い物をする、食事をするといったさまざまな機能を一体化させたリゾート複合観光施設であると言えます。人を集めてにぎわいを作り、多彩な機能が多彩な集客を可能にして消費のシナジー効果を創出します。 美原 :内閣総理大臣が先頭に立って動きましたし、国会での審議も始まり、国民的な話題にもなりました。不安定要素はありますが、政治的なコンセンサスが取れたら、今年秋の臨時国会でIR推進法案が成立するでしょう。 美原 :現在、大都市型と地方型という2タイプのIRが考えられています。大都市型はシンガポールのマリーナ・ベイ・サンズのようにカジノとそれ以外の施設と機能を1カ所に集約させたものになるでしょう。これは前述のようにアイコン的、印象に残るユニークなデザインの建物を作り、東京や大阪のような大都市で展開する場合には投資規模は億円から1兆円にのぼると予想されています。 美原 :リゾート法が失敗した理由は大きく2つありました。まずはリスク評価や事業評価がいい加減でも、自治体がプランを立てて「やりたい」と手を挙げさえすれば、ほとんど例外なく国から認められて補助金がもらえる仕組みだったこと。だからずさんで似たようなリゾートが全国各地にできました。それに自治体と民間が合同で出資・運営する第三セクター方式を取ったので責任が曖昧になり、運営に失敗する一因となりました。

オンラインカジノ大研究③ – (7)

CR CR. CR CRRUSH7 CRF WINNET J WINNET J SANYO MARU 30 JPS.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。