パラメータ

JP2019000707A - 自動ゲームプレイ - GOOGLE PATENTS

賞金を手にしようカードスプレッド – 34118

カードの お申し込みはこちら。

GMOクリック証券が選ばれる 4つの理由

最後のカードが配られるまで、プレーヤーはその時点でのベストハンドをもっているか、もっていないかのどちらかになる。 もっていない場合、この状況のことをbehind(ビハインド)と呼ぶ。 例) フロップ【J・10・9】のとき自分のハンド【A・K】。 check-raise(チェックRAISE)とは、あるベッティングラウンドでチェックした後にRAISEすることである。チェックRAISEは、single bet(1BET)が先に入っていたら降りるだろうけれどもチェックで回ってきたらBETしてくるプレーヤーに罠をしかけるためなどに用いられる。 このようなポジションBETしてくる プレーヤーにチェックRAISEは効果的である。

✡️タロットカード ✡️ ツーカード・スプレッドの紹介

元手ゼロで投資デビューが可能!ゲーム感覚で資産運用を学べる仕組み

図1は、いくつかの実施例によるシステムを示す。 図2は、いくつかの実施例によるカジノサーバを示す。 図3は、いくつかの実施例によるセカンダリープレーヤーにより使用される端末を示す。 図4は、いくつかの実施例によるゲーム装置を示す。 図5は、いくつかの実施例によるモニタ装置(カメラ、カードリーダーなど)を示す。 図6は、ゲームに関する各種情報を含むデータベースエントリ(日時、結果、プレーヤー、賭け金など)を示す。 図7は、プレーヤーによりプレイされる各種ゲームを含むデータベースエントリを示す。 図8は、いくつかの実施例による賭け情報を入力し、ゲームの進捗を追跡するためのタッチスクリーンディスプレイを示す。 図9は、いくつかの実施例による賭け情報を入力し、ゲームの進捗を追跡するためのタッチスクリーンディスプレイを示す。 各種実施例では、いくつかのインタフェースが自動プレイに関連付けされるかもしれない。入力ボタンは、プレーヤーが戦略を無効にし、ゲーム装置に自動プレイを停止するよう通知し、ゲーム装置に自動プレイを再開することを通知し、利用されるべき戦略を指示し、ゲーム装置が自動プレイのセッションを開始するのに使用するパラメータを指示し、他の何れかの機能を実行することを可能にするかもしれない。各種実施例では、プレーヤーは、ゲーム装置により示唆される戦略を無効にするため、2回のボタンの押下を行うことを要求されるかもしれない。この2回のボタンの押下は、2つのボタンのそれぞれを押下することを含むか、又は同じボタンを2回押下することを含むかもしれない(ダブルクリックなど)。このように、プレーヤーがゲーム装置の良好な決定を自動的に無効にする確率が低減されるかもしれない。各種実施例では、サムホイール(thumb wheel)などのホイールは、プレーヤーが自動プレイの速度を変更することを可能にするかもしれない。例えば、プレーヤーは、プレイの速度を上げるためホイールを一方の方向に動かし、プレイの速度を下げるためホイールを他方の方向に動かすかもしれない。各種実施例では、ゲーム装置の停止後などに、ゲーム装置が自動プレイに移行することを指示するボタンが使用されるかもしれない。 各種実施例では、プログレッシブジャックポット(progressive jackpot)などのジャックポットは、自動プレイからなされた賭け部分を出資金として受け取るかもしれない。自動プレイは、ジャックポットのサイズを増大させるかもしれない。自動プレイに参加するプレーヤーはまた、プログレッシブジャックポットなどのジャックポットに勝つ機会を有するかもしれない。このため、プレーヤーは自動プレイを利用する追加的なインセンティブを有するかもしれない。 他の一例となる実現形態では、プレーヤーはブラックジャックゲームの複数のラウンドを自動的にプレイすることを要求するかもしれない。プロセッサは、当該ラウンドの1以上について所望される戦略に従って意志決定するかもしれない。1以上のラウンドにおいて、特定の基準がラウンドの中間状態によって充足されるかもしれない。例えば、特にエキサイティングな結果の可能性がある場合、払戻閾値を超える払戻が得られる可能性があるかもしれない。また他の何れか所望の基準が充足される場合、当該確率は確率閾値を超えるかもしれない。例えば、ジャックポット払戻は、特定の閾値を超えて出現する確率を有するかもしれず、ゲームに対する上位2つ、3つ又はそれ以上の払戻のうちの1つは出現確率閾値を超えるかもしれない。確率の閾値は、例えば、10%、50%、5%又は 他の何れか所望の閾値以上であるかもしれない。パーセンテージ閾値は、異なる払戻金額のついて異なるものであるかもしれない。(例えば、最も高額のジャックポット金額は、次に高いジャックポット金額より低い確率を要求するかもしれない。) いくつの実現形態では、基準が充足される場合、プレーヤーは、当該基準を充足するラウンドにおいて意志決定を行うことを要求されるかもしれない。プレーヤーが戦略に従って当該意志決定を自動的に行うのではなく、直接的にこのような意志決定を行うことを可能にすることは、プレーヤーが特にエキサイティングな決定及び/又はラウンドの刺激を体感する可能性をプレーヤーに提供するかもしれない。プレーヤーへの要求は、例えば、音声及び/又はバイブレーションの警告などによって、プレーヤーに警告することを含むかもしれない(ゲーム装置、携帯ゲーム装置などを介し)。その後、プレーヤーは、決定を行い(例えば、携帯ゲーム装置を介しオプションを選択することによって)、当該決定に従ってゲームが継続される。結果が決定され、当該結果が表示されるかもしれない。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。