パラメータ

【17 LIVE × Eスポーツ】『ぷよぷよEスポーツ』の試合をライブ配信で応援解説!

ライブ配信動画eスポーツ – 64706

このようなeスポーツは、インターネット通信を利用した動画配信が一般的ですが、アクセスの集中によって ライブ配信 中に動画が遅延・停止するなどのトラブルが増加し、ゲームイベント主催者の悩みとなっています。

ゲーミングデバイスを選ぼう!

GIGAZINE シークレットクラブって何? Esports lives on YouTubeGaming。 Welcome to the family, Overwatch League, Call of Duty League, and Hearthstone Esports。 海外メディアのThe Vergeは、YouTubeが独占生配信権をゲットした3つのeスポーツリーグは「小さな大会ではない」と指摘。人気TPSであり続編タイトルも発表された「 オーバーウォッチ 」のプロリーグであるThe Overwatch Leagueは、年のレギュラーシーズンに毎分平均31万人が生配信を視聴していたことが 調査 により明らかになっています。調査によると、視聴者のうち5万人がアメリカ在住のユーザーだったそうです。 また、人気FPS・ コール オブ デューティシリーズ のプロリーグとして新設されたCall of Duty Leagueは、前身であるCall of Duty World League CWL も含めるとTwitch上で合計万時間超も視聴されたというモンスターコンテンツです。CWLの決勝大会は平均6万人が同時視聴し、ピーク時には18万人が視聴していたというデータがあります。 The Vergeは「これらの数字はとても印象的で、業界最大のストリーマーとプラットフォーム間の戦争を繰り広げているYouTubeに、有利な機会を提供してくれます」と記し、Twitchとeスポーツ分野で競合する上で重要なコンテンツになると指摘。

RIZeSTが社内ライブ配信環境構築を全面サポートする「ライブ配信パッケージ」プランを開始!

このような状況の中、eスポーツの注目度は年々上昇しており、全国各地で様々なeスポーツのイベントが開催されるようになっています。このようなイベントは、主に参加費や観戦料、スポンサー企業からの広告が収入源になりますが、会場費やイベント運営のための人件費、機材費などを考えると赤字になってしまうイベントも少なくないと言われています。特に、年々クオリティの上がるゲームのグラフィックを、インターネットを介して ライブ配信 をする場合には、配信の為に大規模な設備も必要になり、配信の為のコストに頭を悩ませるイベント運営者様も少なくないのではないでしょうか。また、eスポーツのイベントを産業化するには、より多くのスポンサー収入が得られる体制の構築は必要不可欠だと言えるでしょう。 NTTスマートコネクトは、ストリーミングサーバー・動画配信システム『 SmartSTREAM ビデオプラットフォーム 』を利用して、クオリティの高いゲーム動画でも安定した大規模配信の実現をサポートします。 このような状況下で、eスポーツの認知度向上のため、インターネットを利用した ライブ配信 に力を入れるイベントは非常に多いです。観客の増加は、新たなスポンサー企業の獲得には欠かせない条件ですので、イベント開催者からすれば特に力を入れるべき部分と考えられているでしょう。しかし、eスポーツイベントの ライブ配信 は、以下のような課題も山積みとなっています。 上記の様な課題を解決する為、ストリーミングサーバー・動画配信システム『 SmartSTREAM ビデオプラットフォーム 』の導入をお勧めします。『 SmartSTREAM ビデオプラットフォーム 』では、24時間日体制で、日本国内の技術者が運用監視を行う自社データセンターが動画配信の中枢を担います。その為、近年大手メディアでも取り上げられる事が多くなり、大量のアクセスが見込まれるようになってきたeスポーツイベントの ライブ配信 でも、安定した高品質な動画配信を実現します。 さらに、『 SmartSTREAM ビデオプラットフォーム 』には、著作権保護( DRM )機能が搭載されていますので、近年、社会問題ともなっているデジタルコンテンツの違法コピー・流出を防ぎ、著作権に配慮した安全な ライブ配信 を実現します。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。