パラメータ

カジノ法案可決がパチンコ業界に与える影響とは?

カジノ法案モンスターストライクスロット – 18275

今回パチンコ・スロット業界ニュースで取り扱わせていただいたのは『カジノ法案』についてです。 12月に入り一気にカジノ法案の動きが活発化してきています。

mixiユーザー: id:62200920

衆院本会議で可決されたIR整備推進法案=6日午後、国会 【拡大】。 通称「カジノ法案」、カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)整備推進法案が6日、衆議院を通過した。今国会で成立しそうな情勢だ。国内にカジノができることには反対の国民も少なくないが、反対派を含む他人に迷惑を掛けないで賛成派がより幸せになるなら、カジノの設置自体は良いことだ。  一部の新聞などのメディアは、ギャンブル依存症の問題を強調してカジノ反対の世論をあおっている。しかし、ギャンブル依存症はカジノだけの問題ではない。国内カジノ設置を機会に、依存症に対する広報を十分行うなら、むしろギャンブル依存症へのいい対策になる。  幾つかの条件付きだが、筆者は国内にカジノを置くことに賛成だ。カジノには、ギャンブルの仕組みを分かりやすく提示する場としての「教育効果」が期待できる。筆者は、自分の子供が成人したら、ぜひカジノに連れて行きたいと思っている。  教育として伝えるべき内容は「正しくコントロールされたギャンブルは、基本的に儲からないものであり、余裕金で行う楽しみ以上の額を使うべき対象ではない」ということに尽きる。  カジノのゲームは、確率の仕掛けが介在しているが、客が使ったお金からカジノの運営者(胴元)が手数料(テラ銭)を取って、その残りを客が取り合う構造になっている。ゲームに穴がない限り、仕組み上、確実に儲かるのは胴元だけだ。この構造は、パチンコや競馬だけではなく、FX(外国為替証拠金取引)でも同様だし、株式にあっても短期トレードの損得は同じ仕組みだ。 経済ニュース 株式・投資 プレスリリース ニュース一覧 フォト一覧 連載一覧。 連載: 経済快説 Tweet。

カジノは、パチンコとの競合相手にはなりえない

逆に、年をピークにパチンコ人口が年々減少していくなか、今後、カジノ付設の統合型リゾート施設の道筋ができたことで パチンコ事業者もリゾート施設開発の主要なプレイヤーになる動向も見え隠れしています。 詳しくは後述しますが、日本のパチンコ事業主はすでに海外カジノ施設に積極的に出資を行っており、カジノ運営のノウハウを蓄積しているのです。 関連記事: カジノ法案成立の目的は「観光立国」にあり!IR実現までのロードマップ。 巷で言われているような「カジノはパチンコ潰しだ」というのは、 単なる陰謀論でしかありません。 カジノができることで、パチンコがなくなる、もしくは大きなダメージを受けるというのは考えられません。 さらに、カジノがパチンコ客の多くを吸収することはできない、というのも無視しがたい事実としてあります。 絶対的にカジノの数が足りない という単純な事実があります。 対するに、 パチンコは全国で既に1万を超える店舗が存在します。 全国にあるパチンコを楽しむ消費者の多くが、全国に数カ所しか存在しないカジノにわざわざ足を伸ばすということは、考えられません。 関連記事: パチンコ業界の衰退は止まらない!パチンコ事業者が狙う次の一手とは?

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。