パラメータ

楽天の新決済サービス「楽天ペイ」の詳細を徹底解説! 全出店者に2017/4導入の内容とは

新ペイメントサービス入金条件つき – 65881

ネットスターズはテンセントが提供する「微信支付(ウィーチャットペイ)」、そのライバルである中国アント・フィナンシャルサービスグループが提供する「支付宝(アリペイ)」に加え、「LINE Pay」「楽天ペイ」「d払い」「PayPay」の6ブランド、キャナルペイメントは、上記の6つに「Origami Pay」を加えた7ブランドのQRコード決済サービスと提携済み。QRコード決済に特化したマルチ決済端末だけでなく、既に店にあるタブレットやPOS(販売時点情報管理)システムがQRコード決済に対応できるよう、APIを使って決済ソリューションを提供している。

日本のキャッシュレス決済の現状

日本では年頃からサービスが開始されたスマートフォンに小さな機器(クレジットカードを読み取る)を連携させるスマートフォン決済、いわゆる 「スマホ決済(モバイル決済)」の導入が急激に増えており、さらに年以降にPayPayやLINE Payが数百億円規模のキャッシュバックキャンペーンを行ったことでユーザーへの認知が一気に広がりました。 日本では主に大手7社が店舗事業者向けにサービスを展開 しています。カード決済においては 手数料やサービス内容がほぼ横並び で、QRコード決済では 手数料無料のキャンペーン を実施しており、店舗事業者はどのスマホ決済の会社に決めるべきか?判断基準を見つけるのが難しいかもしれません。 本日はインターファクトリーでWEBマーケティングを担当している筆者がこれから店舗向けキャッシュレス決済の導入を考えている方向けに 「スマホ決済」について解説 いたします。

【SBペイメントサービス】キャッシュレス決済端末

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。