パラメータ

教えて電力システム改革:8 ドイツのエコ電力事情はどうなっているの?

システム投資方法ドイツのカジノ情報 – 7925

IR(統合型リゾート:Integrated Resort)施設は数千億円の投資が必要とされています。また、不特定多数の客が来場する日、24時間営業の施設であり、カジノのディーラー、ホテル従業員など労働集約型という特徴があります。そのため、IRの新設によって大きな経済波及効果が期待されています。

統合型リゾート(IR、Integrated Resort)

テーブルゲーム:下記ウェブサイト参照 マシン: ~  金土~ テーブルゲーム1日券:3ユーロ マシン・コーナー入場料:1ユーロ (テーブルゲーム1日券があれば無料) Kaiserallee 1, Baden-Baden TEL: www。 テーブルゲーム: ~   マシン: ~ 入場料:2ユーロ Stephansplatz 10, Hamburg TEL: ほか、市内4カ所 www。 テーブルゲーム: ~   マシン: ~ テーブルゲーム1日券:2。

マカオ:Melco Crown マカオでは初めて顔認証システムを導入 米国ではプライバシー保護の懸念も

システム名は「FaceVACS-VideoScan」で、ドイツのCognitec社から導入。同システムは、入場する人々の顔をライブビデオストリームから判別し、データベース上の入場管理対象者と照合する。Cognitec社によれば、同種のシステムは世界では導入事例があるが、マカオでは初めての例となる。 システムは、対象者を検知した場合、セキュリティスタッフにアラートを送信する。 マカオの管理当局(Gaming Inspection and Coordination Bureau)による入場禁止者リストは数百人、毎週数十人が新規に発表されるとのこと。 これら人々の多くは、カジノへの債務者、騒ぎを起こす、など。一部は、依存者の自己排除も含まれる。

カジノ/ゲーミング市場(JCMの主な事業)

表  ドイツにおけるエコ電力の販売量 (TWh)~棒グラフの下が家庭向け、上が事業者等向け。折れ線は電力総販売量に占める割合 [ii]。 FIT電力をすべて送電事業者に集めることにしたため、小売事業者はFIT制度の対象となる電力を売ることができなくなってしまったのです。ドイツでも、原発の電力を使いたくない、再エネの電力を使いたいという消費者はたくさんいますし、年4月の電力自由化によって再エネの電力を専門に売る小売事業者も誕生しました。ところが、FIT制度の誕生で、こうした小売事業者は再エネの電力をFIT制度の枠外で仕入れなければならなくなってしまったのです。この問題はFIT制度の導入時にも議論され、小売事業者がFIT電力を売る道も残された [iii] のですが、このオプションは使い物にならず、結局、再エネ電力の小売事業者はFITという制度から弾き出されてしまいました。FITという制度ができればドイツ国内の再エネ施設の大部分はこの制度に組み入れられてしまいます。FIT制度の対象となっていない水力発電施設もありますが、これらは古くからある大型の施設で大手のエネルギー供給会社の所有、あるいはその系列下にある施設です。このため、再エネの電力を販売しようとする小売事業者は国外からエコ電力を仕入れて売るほかありませんでした。 そうですね。電力の物理的な供給と完全に切り離されてしまった発電源証明は、もはや発電「源」の証明とは呼べないと思います。発電の量を証明するものなので、正確には「発電 量 証明」というべきでしょう。 発電と消費との間に1年もの時間の差があるのに、「合計量では辻褄は合う」と説明されても、普通の感覚では証明された電力を「使っている」とはとても感じることができません。同じ問題は、発電と消費の場所が離れることでも起こります。ドイツで売られているエコ電力の大半は北欧の水力発電所の発電源証明を使ったものです。年にドイツの小売事業者が使った発電源証明は全部で43TWh [vi] でした。そのうち98%は水力発電所が発行した証明で、北欧諸国とオーストリア、スイスの水力発電の電力が大部分を占めます。特に多いのはノルウェーの水力発電の電力で78%を占めています。ところが、ドイツとノルウェーとの間を直接結ぶ送電線はありません。海底に送電ケーブルを設置しようという計画はありますがまだ実現していません。ノルウェーの水力発電の電力はデンマークなどの他国を経由してドイツの送配電網とつながってはいますが、現在の送電線の容量は大量のエコ電力を流すにはとても足りません。送配電網の状況を考えると、ドイツの消費者がノルウェーの水力発電の電力をこれほど大量に使うことはできないはずです。ところが、発電源証明を使ううえでは送電網の状況は全く障害になりません。極端な話、他国の送電網とはつながっていないアイスランドで作られた電力の発電源証明であっても、ドイツの小売事業者がそれを入手すればドイツでエコ電力を売ることは可能です。

マカオ、カジノ監視を制限 AI機器に許可必要、データは部外秘 : 1/2ページ - SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト

本稿に関して、より詳細な内容や関連資料等をご要望の場合は以下までお問い合わせください。 IR(統合型リゾート)ビジネスグループでは、Deloitteのグローバルネットワークを活用し、海外事例等を踏まえたIRビジネスに関連する幅広い調査・分析を行っています。 IR(統合型リゾート)ビジネスグループ info-irbg tohmatsu。 IR(Integrated Resort:統合型リゾート)実施法の審議開始から免許交付までの間に、IRビジネスグループでは参入を目指す日本企業に対し、さまざまなアドバイザリーサービスを提供します。 オペレーショナルリスク・プラクティスの日本責任者、IR(統合型リゾート)ビジネス・プラクティスの責任者を務める。 公認会計士、公認内部監査人、公認不正検査士。 年公認会計士登録。 【オペレーショナルリスク・プラクティス】 15年以上にわたり、リスクアドバイザリー業務に従事し、オペレーショナル・リスク領域のプロジェクト責任者を多数務める。 専門分野は、コーポレートガバナンス、内部統制、内部監。 目次 カジノ施設への入場回数制限及びマイナンバーカード等を使った本人確認措置が講じられる IRビジネス参入においては、入場規制等を考慮した上での事業計画の検討が必要となる ギャンブル依存症(賭博依存症)関連記事 連載「我が国のIRビジネス参入における法制度上の留意点」のアーカイブ IRビジネスグループとは IRビジネスグループのアドバイザリーサービス IRビジネスグループの最新活動 プロフェッショナル 関連トピック。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。