パラメータ

みんなの旅話~ほっこりアルバム~

マカオでの両替メルボルンのカジノ – 14382

旅行は香港・マカオの計画で、マカオには香港から入国しました。事前に「地球の歩き方」を確認していましたが、マカオはパタカが流通しているものの、カジノ等の盛り場では香港ドルが流通しているため、パタカを持ち込む必要は無いと記載がありました。 しかしながら、心配性の私は少しはあったほうがよいと考え、入国後に外貨両替をしようと計画していました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

仕事でオーストラリアに行った時の話です。今回はパースに2週間、メルボルンに2週間滞在したのですが、まぁなんともありきたりな話というかカジノあるあるに引っかかった次第です。 もともと1年ほど前に南アフリカのユハネスブルクを訪れた際にカジノを初体験しました。 その時はホテルとカジノの距離がものすごく近く、暇つぶしにとでも友達と入ることにしました。さしたらこれがとても面白い! 1度目は60ドルほど負けましたが、それから色々と考えるようになり最終日までに少しずつ少しずつ積み上げていきドルほどの勝利を収めました。 それから仕事でマカオやシンガポールを訪れる際は必ず一度は行くようになりました。 その後場所をメルボルに移し初日僕はまたドルを負けてしまったのです。 その3日後システムベットを駆使した僕は負けを取り返し帰ろうかと思っていると、なんと! 偶然にも座ったルーレットマシーンにドルもの取り忘れがあったのです! これは運がいいと踏んだ僕はそのお金を握りしめいざ勝負に出ました。 無くなってもいいお金、そう思い3倍配当のレーン一点がけでかけました、、、 すると、なんと勝ったのです!!!! 僕は一気にドルものお金を手にし有頂天のままその場を立ち去りました。 もう行かない今回は十分すぎるほどの成果を得たとそう思っていました。 その3日後友達からカジノへ誘われました。 はじめは乗り気ではなかったのですが、まぁ着いて行くだけならいいよと一緒に行くことにしました。 そこで彼はブラックジャックを遊び始めたのですが、まぁ勝は勝つあっという間にドルものお金を彼は手にしていました。 そこで悪魔が囁きましたお前もやれよと。 そして手持ちにドルしかなかった僕はドルをチップへと変え、ブラックを遊び始めました。 もちろんルールは把握していますし、それなりに自信もあります。 しかしなかなか負けも勝ちもしない、そんな時ディーラーが変わりました。 それまでのディーラーは明るく陽気だったのに対し、変わったディーラーはまるでお通夜を取り締まるお坊さんのような人でした。 そして彼女はめちゃくちゃ強かった。僕は一瞬にしてドルをなくしました。 そこで止めればいいものの、やめられないのがカジノというもの。 友達にドルを借りいざ勝負!!

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。