パラメータ

世界でカジノが合法化されている国がどれぐらいあるのか調べてみました。

合法オンラインカジインドネシアカジノ – 36858

現在、日本のカジノ合法化が話題になっていますが、世界中の国では、カジノをどれぐらい合法となっているのか調べてみました。 国によって微妙に違いますが、カジノの対する認識は「悪に繋がる行為」として、ほぼ一致していますが、経済効果・雇用創出などを考え、多くの国で合法化されています。 その数は、実に130ヵ国以上。 更に、まだ日本と同様に非合法の国でも、合法化に向けた法整備が進んでいます。

【Multiplier Riches】固定ワイルドとマルチプライヤー機能搭載の1ペイライン・クラシックスロット

バリ島やジャカルタなど人気のリゾート地を持つインドネシア。これらの人気のリゾート地でカジノをプレイすることは可能なのでしょうか。今回は、 インドネシアのカジノ事情 についてご紹介します。 カジノなどのギャンブル合法化される国は増えつつあります。現在カジノが合法化されている国はなんとカ国以上あります。しかし、 インドネシアは依然とギャンブルが固く禁止 されています。これはイスラーム法やイスラム教の戒律で賭博行為が禁止されている為です。 その為、インドネシアには 残念ながらカジノも存在しません。 国民がオンラインカジノをプレイするのも禁止です。 犯行グループの一人が 「賭博好きな金持ちが来るので、彼から金を巻き上げよう」 と話を持ちかけてきます。もちろん、その話を持ちかけた人たちも、金持ちの男も、同じ犯行グループのメンバーであるため、ギャンブルの勝敗は犯行グループの思うままにできる仕組みです。

インドネシアのギャンブルの歴史

オンラインカジノの法律面での議論は、本当に沢山の場所・ニュースで扱われているので多くの知識を持っている方もいるとは思いますが、日本には「オンラインカジノに適用する確固たる法律」がありませんので、日々最新情報が変わっています。 これまでの情報や事件を含め、現在のオンラインカジノの立ち位置が理解できる様に解説します。 オンラインカジノは、主にはイギリスやマルタ共和国、フィリピンなど、政府機関から運営の認可を受けてサービスを提供しています。 認可を与えている以上、違法では無く合法と国が認めているのです。 これらの国の多くはランドカジノも合法の場合が多く、そのインターネット版であるオンラインカジノにも同様に合法となっています。 カジノのみでなく、オンラインギャンブル全般(ブックメーカー・オンラインポーカーなど)も同様です。 また、有名な事業者には、株式上場している企業もあり、社会的にも認められており、疑う余地はありません。 海外で合法のサービスを日本国内から利用する事に関しては、また意味合いが変わってきます。 日本人がラスベガスにいってカジノで遊んでも、合法国での遊戯なので、全く問題はありませんが、これが日本国内であれば、「闇カジノ(違法カジノ)で賭博行為をした」とみなされ、賭博罪に問われる事になります。 これはここ数年、芸能人やスポーツ選手で話題になったので、かなり解りやすいかと思います。 ですが、インターネットを介して合法国のサービスを日本国内から利用する場合は、確実な論理はありません。

日本人の為のオンラインカジノ【JOC】

カジノが合法化されている国一覧 (カジノがごうほうかされているこくいちらん)では、世界の カジノ が合法化されている国々を記載する。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。