勝つ

テレビCMで話題!HP ELITE DRAGONFLY (ドラゴンフライ)製品詳細

勝った後の税レッドドッグスロット – 44514

劇中の「あのシーン」に登場したライトニング・マックィーンがトミカの5台セットになって発売! 映画「カーズ/クロスロード」の名シーンに登場した姿や、特別なメタリックペイントのライトニング・マックィーンを5台のセットにしました。

カーズ トミカ ラインナップ

せっかく今年は戌年ですし、新年ですし、新たな経験をしてみる事にしました。 『レッドドッグ』 カードを使ったゲームであることは一目瞭然ですが、一体、どんなゲームなのか全く知りませんでした。調べてみると、アメリカやカナダなどのカジノでは、かなり一般的なゲームの様です。 ただ『赤い犬』という言葉の響きに怪しげなニュアンスを感じてしまうのは、僕だけなのでしょうか? 勝手にカジノならではの複雑なルールを想像して二の足を踏んでいた自分がいます。 これが ラッキーベイビーカジノ の『レッドドッグ』のゲーム画面です。 勝手に妄想していたのとは違って、いたってシンプルです。実はゲームもすごくシンプルで、初心者でもすぐに楽しめます。僕は、このゲーム、結構好きです。 やはり、何事もやってみないと判らないものですね。 ルールを説明するよりも、まずやってみましょう。 1ドル賭けてみました。 ディールをクリックすると、カードが配られます。 『2』と『8』でした。 ゲーム画面中央の数字『5』の上に犬のマークが描かれたコインのようなものが置かれています。 この数字は『2』と『8』の間にあるカードの数を示しています。 この場合『3』『4』『5』『6』『7』の5枚という事ですね。 次に引いたカードが、その5枚のうちのどれかなら、プレイヤーの勝利。配当に示された倍率で賭け金が払い戻されます。 ルールは、それだけです。 レイズは、更に賭け金を上乗せ、コールは最初に賭けた金額での勝負を意味します。 今回の様に二枚のカードの間に5枚のカードがあれば、当たる確率は少なくはありません。ですから配当は等倍になっています。もし、確実に勝てると思ったら、ここで掛金を上乗せして、より多くの払い戻しを受けられるようにするわけです。 僕は「レイズ」を選択しました。 三枚目のカードは『7』。4ドル獲得しました。 簡単でしょ? 次は思い切って10ドルをベットしてみます。 出たカードは『7』と『8』。 連番なので間のカードは存在しません。ゲームは成立しないので、引き分けということになり、ベットしたチップは、そのまま戻ってきました。 更に10ドルベットを続けてみます。 出たのは『2』と『8』のカードです。 間のカードは五枚です。ここは迷わずレイズを選択します。 三枚目のカードは『8』。 負けてしまいました。 レイズで追加した分も含めて20ドルの損失ですが、仕方ないですね。 こんな感じで、ゲームはいたって簡単で分かりやすいので、初心者でも気軽に楽しめます。 更に10ドルベットを続けて『6』と『10』のカードが出ました。間のカードは3枚なので、当たる可能性は若干低く、配当は二倍になっています。 迷った末にコールを選択しました。 3枚目のカードは『7』で、僕の勝ちです。 30ドル獲得です。 こうなってみると、レイズを選択しておけばよかったと、若干の後悔が…。しかし、そんな事を考えても仕方ありません。賭け事ってそういうものですよね。 お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、このゲームは気軽に遊ぶにはもってこいなのですが、あまり大きな配当は期待できません。最大は『スリーカード』の11倍というのがあるのですが、出る可能性は限りなく低いと思われます。 それがあったので普段基本にしている1ドルではなく10ドルのベットで試してみたのですが…。 上の画面は10ドルベットを続けて『A』と『Q』が出た場面です。負けを覚悟して「コール」を選択しましたが、運よく『K』が出て勝利。60ドルを獲得できました。今回試したうちでは、これが10ドルベットで得た最大の勝利金額です。 やはり大きな勝利を期待して遊ぶには、物足りないゲームかもしれないな、と思いました。 単純にベット金額を大きくすれば、勝った時の払い戻しも大きくなるはずなのですが、負けた時の事を考えると踏み切るのには勇気がいります。 ですが、ここは思い切って試してみましょう。 「100ドル」ベットです。 カードは『4』と『K』。間のカードは8枚もあります。 勝利を確信して「レイズ」を選択。 で、結果は……… 見事、勝利です!!!!!!!!!

シーンに合わせ、多彩な使い方を

革新的な働き方を実現するために ゼロから設計を見直したHP Elite Dragonfly(ドラゴンフライ)。 ボタンを押すだけで、周囲からの視線を遮断し のぞき見を防止する 内蔵プライバシースクリーン機能。 外出先や移動中ののぞき見による情報漏洩を防止。 指紋認証、顔認証や Bluetooth機器を含む 最大3つの要素で認証可能 PCへの不正アクセス対策をより強固なものに。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。