勝つ

【2020年】10社から比較!無料の麻雀アプリおすすめ人気ランキングTOP5!

日本人に人気麻雀 – 59511

こんにちは、「 なるほどwifi 」編集部のishiokaです。麻雀のスキル向上のために勉強や練習 ができたり、暇つぶしとして遊んべる 「麻雀アプリ」 。

このクリエイターの人気記事

新麻雀徒然草第1回「日本のリーチ麻雀が世界を制する?」 10。 昨年の麻雀界を振り返ってみましょう。年の麻雀ニュース、個人的なベスト3を挙げるとすればこうなります。 1位 天鳳十段の麻雀AI、suphxがマイクロソフト社の開発と判明 2位 「FF14」に「ドマ式麻雀」実装 3位 中国系外資企業「yostar」社が「雀魂」をリリース  共通点はいずれも、世界に数多ある麻雀のルールから、日本独自のリーチ麻雀が選ばれたということ。これまで麻雀の世界大会と言えば、「国際麻将」や「WSOM」のルールが採用されていましたが、「果たして実際にそのルールで打っている競技人口がどの程度いるのだろうか。」と、イマイチピンとこなかったものです。  私も「雀魂」リリースをきっかけにオンライン麻雀を再開しましたが、海外サーバのユーザーともマッチングする卓になった途端、接続数が10倍以上に。誰かが世界を回って広めたなどという話は全く聞かないのに、いつの間にか世界中の人が日本のリーチ麻雀を受け入れていたということに驚かされました。リーチが日本特有のルールであるためか、海外勢の多くは鳴きが多く、そのため守備が甘い打ち手が目立ちましたが、それでも上位勢となると手堅く強い打ち手が多い。一体どこで麻雀を勉強したのか気になったものです。  それを受けてふと思い出した話を一つ。年、私が『現麻本』を出版した数ヶ月後、欧州在住の日本人の方から、「現地の日本麻雀プレイヤー向けに本の内容を英訳したいので本を購入したい」という依頼を受けました。結局海外から購入するのは難しいということになったので、本ではなく、原稿のままの文章を送付することにしました。それから数年後、今度は中国在住の方から同様の依頼を受け、同じように原稿を送付しました。昨今品薄で入手困難という話を聞く『現麻本』ですが、実は既に英訳、中訳版が存在しているのです。  私が最近出没している雀魂のコミュニティには海外在住の方も多数存在し、私の名前はあちらでも有名という話を聞くこともあります。「現麻本」の英訳、中訳版で勉強した打ち手が、雀魂のランカーになっているのかは定かではありませんが、日本のリーチ麻雀が今度世界の主流になり、その為の力添えが少しでもできているとすれば、これほど喜ばしいことはないと思ったことでありました。 この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。 サポートをすると、フォロワーに記事をオススメすることができます! コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

写真拡大  日本各地の繁華街では必ずと言って良いほど雀荘が存在するが、これは中国生まれの麻雀が日本でも広く親しまれている証拠と言えるだろう。中国では街中にある公園などに人びとが集まり、青空の下で麻雀に興じる光景を見ることができるが、そんな中国人たちから見ると「世界で最も麻雀を好むのは日本人」であるようにも映るらしい。  中国メディアの江蘇快訊網は4日、「麻雀は外国人から中国の宝として認識されている」と伝え、世界中に麻雀愛好家が存在することを指摘する一方、日本は「世界的に見ても中国より麻雀が親しまれている国だ」と主張する記事を掲載した。  記事は、日本人は中国人より麻雀好きだと主張する理由として、日本で全自動雀卓が発明されたことや、麻雀をテーマにした漫画が存在すること、オリジナルのルールが存在することなどを挙げ、こうした要因は日本で広く麻雀が親しまれているからこそ生じたものだと論じた。  続けて、麻雀の世界に革命を起こした全自動雀卓は今では中国人の一般家庭にも普及しており、個人で所有する人もいるほどだと指摘。また、麻雀をテーマにした漫画だけでなく、子ども向けの漫画のなかにも登場人物が徹夜で麻雀に興じるという描写が出てくることからも、日本人にとって麻雀が身近なゲームであることが良く分かると強調した。  さらに記事は、日本では近年、麻雀を脳のトレーニングに活用する動きがあることなどを紹介し、ここまで麻雀を愛しているのは世界でも日本人ぐらいであり、もしかしたら麻雀発祥の国である中国人よりも日本人の方が麻雀好きなのではないかと主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)。 日本へ向かう足を止めることはできない! 中国人が好きな旅行先、1位はやっぱり・・・=中国メディア まさかそんな・・・日本の空港は「預けた荷物の扱い方」が想像以上に丁寧だった=中国 非の打ち所がない清潔さ・・・だから中国人は「日本人は恐ろしい」と口にする=中国メディア。 総合 国内 政治 海外 経済 IT スポーツ 芸能 女子 1。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。