勝つ

初めてのシンガポールカジノ攻略ガイド!やり方やルールなどの遊び方をご紹介!

マカオの初心者向マリーナベイサンズカジノ – 47700

シンガポールで観光に来た際に観光がてらの訪問にもぴったりの場所です。 賭けなかったとしても臨場感が味わえますし、カジノ初心者にもオススメできるカジノなので、旅行に行った際には一度雰囲気を味わってみてもらいたい場所です。

シンガポールのカジノに行ってきました!バカラで大勝利を狙います!

アジアで第2位の市場規模を誇るシンガポールですが、実はシンガポール国内のカジノ施設は年2月にセントーサ島北部にオープンした Resorts World Sentosa(リゾート・ワールド・セントーサ) と、同年6月にオープンし、新たなシンガポールのランドマークとして人気を博す Marina Bay Sands(マリーナ・ベイ・サンズ) の 2箇所のみ となっています。 シンガポール国内にある5頭のマーライオンの中でも1番の大きさを誇る『マーライオンタワー』で有名なセントーサ島に、年2月にオープンした複合リゾートで、リゾート内には『Universal Studios Singapore(ユニバーサル・スタジオ・シンガポール)』や世界最大の水族館『SEA Aquarium』、イルカと触れ合える『Dolphin Island』等の数多くの魅力的なエンターテイメント施設が併設されています。その他6つの宿泊施設、カジノ、ショッピングエリア等を有し、シンガポールの新たな観光名所として注目を集めています! リゾート・ワールド・セントーサのカジノは全室スイートの『Crockfords Tower Hotel(クロックフォード・タワーホテル)』の地下1階に位置し、15,㎡の広大なフロア内には以上の様々なゲームテーブルや、スロットマシーン、ゲーミングマシーンが用意されています。ミニマムベットは比較的低く、初心者の方でも気軽にプレイできるため、観光客の姿も多くみられます。 そんなマリーナ・ベイ・サンズのカジノは、ホテルと道路を挟んで反対側にあるショッピングエリア『The Shoppes at Marina Bay Sands』内にあります。フロアは4つの階毎に分かれており、1,2階は平場と呼ばれ一般の方用、3,4階はVIPフロアとなっています。総敷地面積は15,㎡でその中に以上のゲームテーブル、2,台以上のスロットゲーム・ゲーミングマシーンが設置されています。ただしポーカーテーブル(パイゴーポーカー等のポーカーをベースとしたゲームを除く)はないのでご注意を。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。